Japan Direct Marketing Association

公益社団法人 日本通信販売協会 JADMA



組織図

組織図

各委員会・部会の詳細については、下記をご覧ください。

※各委員会・部会をクリックすると詳細が表示されます。



■ 常任委員会


総務委員会

委員長

林 研一(株)大丸松坂屋百貨店

目的

協会の総務に関すること、あるいは他の委員会に属さない事項を担当しています。例えば、協会の財政・運営、他団体主催のイベント、催事の後援などについて審議を行ったり、協会活動の全般的な業務を推進しています。また、通信販売業界の発展と合理化・近代化のための会員企業向けの研修会開催に関する企画を担当しています。


活動

各種研修会の立案から、事業計画、予算、決算などの事項を担当しています。


 
倫理委員会

委員長

若菜さおり (株)ライトアップショッピングクラブ

目的

本委員会のテーマは、通信販売業界における倫理の確立に関することです。それを実践するためのルールとして、昭和59年2月に制定されたのが『通信販売倫理綱領』です。 ここに定められている事項は、「通信販売業界における憲法」とも言うべきものであり、それをより具体的な形にした『通信販売倫理綱領実施基準』(昭和59年2月制定、平成6年3月一部改定)と共に、公益社団法人日本通信販売協会の会員として通信販売業を営んでいくにあたって、絶対に守っていかなければならないものです。 このルールを会員各社に周知徹底し、通信販売業界全体の信頼性の維持、増大のための活動を行うのが本委員会の役割です。

また、新規入会希望者の入会審査を、本委員会で行い、理事会で報告しています。


活動

倫理綱領の周知徹底のための活動と入会審査を主に担当しています。


 
業務対策委員会

委員長

髙橋 豊 (株)髙島屋

目的

関係官庁や関係業界との連絡・調整に関することを担当しています。業界にきわめて密接な関係のある特定商取引法や新たな制度などについての情報・資料を収集しながら、業界に直接・間接に係わる官庁や関係業界と緊密に連絡し、調整を行っています。本委員会は、協会活動の中で、行政機関に対する窓口となる業務を担当しています。


活動

法改正などについての情報収集、対行政折衝などを主に行っています。


 
消費者委員会

委員長

魚谷志津 (株)ディノス・セシール

目的

「通販110番」の相談事例に対する対応策の検討をはじめ、委員会メンバー各社の顧客対応、商品検査などの経験交流、また、消費者団体、行政機関などとの情報交換などを通じて、業界の発展と消費者利益の保護の調和をはかることを目的とした委員会です。


活動

通販110番から商品検査の事例分析まで顧客対応の基本から応用まで研究します。


 
広報委員会

委員長

阿部嘉文 オルビス(株)

目的

協会の広報に関する全般を担当しています。
毎月の『ジャドマニューズ』の発行をはじめとして、協会活動についてのPR広告の立案、また、マスコミを通じてのパブリシティ活動などによって、通信販売業界全体が、消費者からより良い理解を得られることが、当委員会の一番の目的です。


活動

ジャドマニューズの作成をはじめ協会のPR活動を行っています。


 
調査委員会

委員長

山下広二 (株)三越伊勢丹通信販売

目的

通信販売業界の市場規模をはじめとして、さまざまな通信販売の動向について調査を行うことにより、会員社あるいはこれから通信販売事業に参入される方々の業務データ、さらにはマスコミ等に対するパブリシティとしての業界データをつくることを目的としています。


活動

通信販売業界のデータベースとなる実態を定期的に企画、調査しています。


 
物流委員会

委員長

梶原健司 (株)千趣会

目的

通信販売業務における物流機能の重要性を背景として、平成4年12月物流委員会が設立されました。具体的には、より顧客の理解を得るために物流サービスの向上のための諸活動を行うことです。


活動

通信販売における物流サービスの向上を目指して、物流現場の見学、情報交換を行うなどの活動をしています。


 
環境・社会貢献委員会

委員長

芳永直樹 オルビス(株)

目的

 近年、増大する廃棄物や省エネルギーへの対応など、環境問題への関心が急速に高まっています。
このような状況の中で、通信販売業界はカタログ、チラシ、ダイレクトメールなどで膨大な紙を使い、また、商品の配送ではパッケージや容器などで多くの資源を使用しています。流通の一翼を担うまでになった業界として、環境にやさしい通信販売を目指すため、商品の選定を含めて当委員会ではさまざまな問題に取り組んでいきます。
さらに、通販業界として、環境問題にとどまらず、広く社会的責任を果たすべく問題に取り組んでいきます。


活動

各リサイクル法への業界としての対応などエコロジー問題と東日本大震災への継続的な支援等の社会貢献に取り組んでいます。


 
個人情報保護委員会

委員長

鶴見知久 (株)スクロール

目的

 平成17年4月に、完全施行された個人情報保護法に対応するため平成16年に常任委員会となり、新たに「通信販売における個人情報保護ガイドライン」を策定し、個人情報に関するさまざまな問題に取り組んでいきます。


活動

個人情報に関するQ&A集を作成、また勉強会を開催するなど、ガイドラインの周知徹底に務めています。


 

■ 特別委員会


表示審査特別委員会

委員長

仁村智也子 (株)千趣会

目的

 本委員会の一番のテーマは、JADMAの「安心と信頼」を日常的に守ってゆくために、各会員社の広告物に常に目を通して、消費者に誤認を与えるような不適切と考えられるような表現、表示があれば、委員会で協議の上、必要があるときには倫理委員長に報告をし、必要な措置の検討をお願いすることです。
 すなわち、本委員会は、会員社のカタログ、ダイレクトメール、新聞、雑誌、折込チラシなどの広告表現、表示などを定期的にチェックすることが、活動の中心となります。
 その上で全会員社の「表示審査責任者」を対象とした「表示問題勉強会」を毎年一回開催し、表示チェックの技術向上と、広告表示についての知識を深めることも、大きなテーマとしています。
 なお、本委員会は、倫理委員会の下部組織としての位置付となります。


活動

各社の広告表示の適正化のための活動を行っている倫理委員会の下部組織です。


 
単品通販部会

委員長

平山高久 (株)ふくや

目的

 豊富な品揃えに代表される総合通販とは異なり、自社の得意な商品で商売を行う単品通販企業は、それぞれその設立経緯により企業文化ともいえる独特な販売手法を用いています。本部会では、メンバー各社を事例に単品型通販を研究することを目的としています。


活動

メンバー各社の視察会を定期的に開催し、お互いの事業展開状況について意見交換を行う。


 
サプリメント部会

委員長

山田英生 (株)山田養蜂場

目的

 サプリメントの法的な位置づけがあいまいで、法令遵守を目指す事業者に混乱が生じている状況に対処するため、サプリメントを販売する会員で構成する。


活動

健康食品を取り扱う事業者で広告表示問題や法規制等への対応を図る。


 
コスメティック部会

委員長

佐藤匡志 (株)ロッピングライフ

目的

 化粧品の表示や安全性の規制に関する情報収集し、業界としての対応を図るとともに意見交換を行う。


活動

化粧品を取り扱う事業者で広告表示問題や法規制等への対応を図る。


 
オンラインマーク付与特別委員会

委員長

市場信行 (株)ニッセン

目的

 2000年6月より開始したオンラインマーク制度において、主に審査上の問題点について検討し、適正かつ円滑に運営していくことを目的としています。


活動

申請のあった事業者にマークを付与するかどうかの審査において、取引方法や取扱商品が適正であるかの判断が難しい場合や、今後新たに予想される問題などについて検討しています。


 




入会のご案内
会員様募集中!詳しくは入会のご案内をご覧ください。
ページトップ