Japan Direct Marketing Association

公益社団法人 日本通信販売協会 JADMA

行政・関係機関からのお知らせ

行政・関係機関からのお知らせなどをご案内しています。





2019年03月14日

[お知らせ,お役立ち情報]

「三輪自転車の走行特性に注意」について(国民生活センター)

独立行政法人 国民生活センターでは、「三輪自転車の走行特性に注意」をテーマにテストを行ったところ、3月14日報道発表資料(下記詳細URL参照)の内容で結果がとりまとめられました。
三輪自転車は二輪自転車より安定性があるように思われがちですが、走行中の挙動は二輪自転車とは異なり、カーブ走行や左右に傾斜した路面を走行する場合には、三輪自転車であっても転倒する危険性があるため、運転には注意が必要です。

消費者および、会員企業の皆様におかれましては、下記詳細URLをご確認いただき、ご注意いただきますようお願い申し上げます。

>>詳細はこちら

2019年03月11日

[お知らせ]

クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の「見える化」活動のお知らせ

日本通信販売協会では、改正割賦販売法施行に伴うクレジットカード取引におけるセキュリティ対策の実施を推進し、クレジット取引セキュリティ対策協議会にオブザーバーとして参加しています。
このたび、同協議会策定の「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」において、セキュリティ対策を導入している加盟店を消費者が認識及び識別するためのセキュリティ対策の「見える化」の方策が取りまとめられましたので、お知らせいたします。
当協会会員の皆様におかれましては、ぜひセキュリティ対策の「見える化」活動にご協力ください。
また、消費者の皆様におかれましては、セキュリティ対策へのご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
なお、セキュリティ対策の「見える化」活動の具体的な方法は以下の通りです。

1.セキュリティ対策の要件をクリアしていることを確認する
クレジット取引セキュリティ対策協議会の実行計画に基づくセキュリティイ対策を実施しているかどうか確認してください。
(資料)「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」:
https://www.j-credit.or.jp/security/document/index.html内「実行計画」参照

2.自己宣言を行う
下記のような自己宣言文を、自社ECサイト内サービス紹介ページや決済画面ページなどに掲示してください。
(自己宣言文の例)
『割賦販売法に基づき、クレジットカード取引のセキュリティ対策に取り組んでおります。』
『割賦販売法に基づき、クレジット取引セキュリティ対策協議会に定める実行計画に取り組んでおります。』
※本活動へのご参加は、ご賛同いただける各社の任意となります。自己宣言の文面や掲載箇所につきましてもご自由にご変更ください。

※本件に関するお問合せ
(一社)日本クレジット協会 セキュリティ対策推進センター
(クレジット取引セキュリティ対策協議会事務局)
TEL: 03-5643-0011 Mail: gykikaku2@jcredit.jp

以 上

参考:「見える化」活動に関する自己宣言の掲載例
「見える化」活動に関する自己宣言の掲載例
>>(出典:『クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画‐2019‐(公表版)(概要版)』)

>>日本クレジット協会 クレジットカード取引におけるセキィリティ対策の「見える化」に係るご協力のお願い

2019年02月15日

[お知らせ]

「認定個人情報保護団体シンポジウム」のご案内(個人情報保護委員会)

個人情報保護委員会では、「認定個人情報保護団体の意義と今後の可能性を考える」をテーマに、活動の最新動向やメリット、業界ごとの自主ルールの策定状況などについて、民間企業を含め広く一般の方々にご参加いただき、認定個人情報保護団体のこれからを考える機会となることを期待し、シンポジウムを開催いたします。

■開催日時:2019年3月6日(水)13:00開場/13:30開演/16:30終演予定
■会場:全電通労働会館(東京都千代田区神田駿河台3丁目6)
■主催:個人情報保護委員会
■募集:参加無料/定員先着400名
 ※締め切り/先着順となります。
 ※定員となり次第、締切とさせていただきます。

>>詳細はこちら


ページトップ