Japan Direct Marketing Association

公益社団法人 日本通信販売協会 JADMA

行政・関係機関からのお知らせ

行政・関係機関からのお知らせなどをご案内しています。





2018年05月28日

[お知らせ,お役立ち情報]

「クレジットカード情報非保持化」セミナー開催(ソフトバンク・ペイメント・サービス)

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社は、ソフトバンク株式会社と合同で「今さら聞けない「クレジットカード情報非保持化」と題した無料セミナーを開催いたします。

いよいよ2018年6月1日から改正割賦販売法が施行されます。
クレジットカード情報の適切な管理や不正利用の防止のセキュリティ対策が義務化され、事業者さまにおいて具体的な対応や対策が必須となります。
本セミナーでは、「電話注文」に焦点をあてたクレジットカード情報取り扱いのポイントや具体的なサービス活用方法を分かりやすく解説いたします。

詳細は下記URLより参照ください。
>>詳細

2018年05月21日

[お知らせ]

「テレワーク・デイズ」参加企業等の募集について(経済産業省)

経済産業省では、関係府省(総務省・厚生労働省・内閣府・内閣官房)や、東京都、経済団体と連携し、東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機とした「働き方改革」の国民運動を展開しています。
その一環として昨年実施されたテレワーク・デイにおいては約950 団体、約6.3 万人の方々にご参加いただきました。
そこで今年はテレワーク・デイズとして規模を拡大し、テレワークを通じた働き方改革をより一層推進していきます。
ついては、7 月23 日(月)~7 月27 日(金)の間で、24 日(火)+その他の日の計2 日間以上テレワークを実施するよう呼び掛け、専用のホームページで参加企業等を募集いたします。

事業者の皆様におかれましては、下記リンクをご確認いただき、働き方改革にご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

>>「テレワーク・デイズ」参加企業等の募集について
>>キャンペーンサイト

2018年05月17日

[お知らせ,お役立ち情報]

スマートフォンにおける打消し表示に関する実態調査報告書の公表について(消費者庁)

消費者庁は、スマートフォンにおける打消し表示に関する実態調査を行い、その結果に基づき、景品表示法上の考え方や求められる表示方法等を取りまとめましたので、これを公表します。

>>「スマートフォンにおける打消し表示に関する実態調査報告書」の公表について[PDF:172KB]

>>「スマートフォンにおける打消し表示に関する実態調査報告書」[PDF:6.3MB]

2018年05月01日

[お知らせ]

健康食品等55商品に虚偽・誇大表示についての改善要請(消費者庁)

消費者庁では、平成30年1月から3月までの期間、インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示の監視を実施しました。
この結果、インターネットにおいて健康食品等を販売している54 事業者による55 商品の表示について、健康増進法第31条第1項の規定に違反するおそれのある文言等があったことから、これらの事業者に対し、表示の改善を要請するとともに、当該事業者がショッピングモールに出店している場合には、出店するショッピングモール運営事業者に対しても、表示の適正化について協力を要請しました。
消費者庁では、引き続き、健康食品等の広告その他の表示に対する継続的な監視を実施し、法に基づく適切な措置を講じるとのこと。詳しくは下記PDFよりご確認ください。

■消費者庁
>>インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示に対する要請について(平成30年1月~3月)(PDF)

2018年04月20日

[お知らせ]

強い磁性を有する玩具(マグネットボール)の誤飲事故について・注意喚起(経済産業省、国民生活センター)

インターネット通販サイト等で出品・取引が確認されている、強い磁性を有する玩具「マグネットボール」について、幼児が複数個誤飲し、手術により摘出したという事故が平成29年12月以降、発生しております。
本商品は、「パズル」や「知育玩具」などとして販売されている球体等の磁石で、1個の大きさが直径3mm又は5mm程度と小さいものを200個程度の集合体として販売している事例が確認されております。また、本商品の中には、対象年齢や警告表示などがないものもあり、保護者が子ども用玩具として認識し、十分な注意を払わずに子どもに与えた場合、特に乳幼児においては、その行動特性から磁石を誤飲するおそれもあります。

事業者の皆さまにおかれましては、こうした製品による事故の防止に向け、①子ども向け玩具としての販売自粛、②対象年齢の表示、③小さな子どもの誤飲に注意する旨の警告表示、以上3点の徹底にご協力をお願い申し上げます。
また、マグネットボールによる事故等の情報があれば、経済産業省ご担当者宛てまでご報告いただきますようお願いいたします。(連絡先は、下記経済産業省のリンク先参照)

■経済産業省
>>強い磁性を有する玩具の誤飲事故に関する注意喚起等について(要請文書)
■国民生活センター
>>協力な磁石のマグネットボールで誤飲事故が発生(発表情報)

2018年03月20日

[お知らせ]

ワシントン条約によって国際取引が規制されている象牙製品等の販売時の対応について(経済産業省)

象牙及び象牙製品は、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(以下、「ワシントン条約」という。)の附属書Ⅰ掲載種であり、商業目的での輸出入が原則として禁止されています。例外として条約適用前に取得した象牙及び象牙製品は輸出入を行うことは可能ですが、条約適用前に取得したことを証明する書類等が必要であるとともに、事前に輸出入国における許可書発行が必要となります。

象牙及び象牙製品をお取扱いしている事業者様におかれましては、①条約適用前(アジアゾウは1975年6月30日以前、アフリカゾウは1976年2月25日以前)に取得したことを証明する書類等がない象牙及び象牙製品については、海外への持ち出しができないこと、②条約適用前に取得したことを証明する書類がある象牙及び象牙製品については、事前に経済産業省に輸出承認申請を行った上で、承認書が交付された後に海外の持ち出しが可能になること、上記をご確認の上、違反した場合には罰せられることになりますので、お取扱いには十分にご注意ください。

詳細については、下記URLをご確認ください。
>>■象牙製品等の販売時の対応について(要請文書)
>>■象牙及び象牙製品の輸出入禁止(ポスター)

2018年03月09日

[お知らせ]

「精神障害者雇用促進キャンペーン」について(厚生労働省)

平成30年4月から精神障害者の雇用が義務化され、民間企業においては、法定雇用率が往来の2.0%から0.2ポイント引き上げられ、2.2%となることから、厚生労働省が「精神障害者雇用促進キャンペーン」を実施しております。
会員企業の皆様におかれましては、概要をご確認いただき、ご対応いただきますようお願い申し上げます。
なお、障害者雇用の各種支援策につきましては、お近くのハローワークにお問い合わせください。

詳細については、下記URLをご参照ください。

【精神障害者雇用促進キャンペーン】
>>リーフレット

2018年03月08日

[お知らせ]

家電リサイクル法に関する説明会の配布資料について(経済産業省)

平成30年2月に、経済産業省及び環境省において、インターネット販売事業者・通信販売事業者向けの家電リサイクル法に関する説明会を開催しました。
当該説明会の配布資料について、下記ウェブページにて掲載しておりますので、特定家庭用機器(いわゆる家電4品目)の小売り販売を行っている事業者様は、ご確認ください。

■詳細
>>【家電リサイクル法・資料集】
>>【インターネット販売事業者・通信販売事業者向けチラシ】

2018年02月27日

[お知らせ,お役立ち情報]

広告主向けアフィリエイト運用基礎セミナー

アフィリエイト・プログラムの業界団体「日本アフィリエイト協議会」の主催で、広告主側でアフィリエイト・プログラムの利用を検討されている方、ならびに現在アフィリエイト広告を出稿されている事業者向けに『広告主向けアフィリエイト運用基礎セミナーin大阪』を2018年3月16日(金)午後に開催致します。

アフィリエイト・プログラムを利用されている広告主側の方、そして今後アフィリエイトの利用を検討されている事業者の方、よろしければぜひセミナーご参加頂けますと幸いです。

>>セミナー詳細

2018年02月13日

[お知らせ]

プエラリア・ミリフィカを原材料に含む「健康食品」を製造・販売する食品等事業者の監視指導について

プエラリア・ミリフィカを原材料に含む「健康食品」を製造・販売する食品等事業者の監視指導について
厚生労働省より下記の通り、通達がありました。

詳細は下記PDFを参照ください。

◆PDF
>>プエラリア・ミリフィカを原材料に含む「健康食品」を製造・販売する食品等事業者の監視指導について(通知)
>>プエラリア・ミリフィカを原材料に含む「健康食品」を製造・販売する食品等事業者の監視指導について(参考)

2018年02月07日

[お知らせ]

象牙等取扱事業者向け「改正種の保存法に関する説明会」について(経済産業省・環境省)

経済産業省及び環境省は、象牙、象牙製品又はうみがめ科の甲の取引を行う事業者向けに、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」(種の保存法)の改正内容に関する説明会を開催いたします。

説明会は各地方毎、全部で10会場で開催します。申し込みは先着順です。
内容はすべて同じものとなっておりますので、ご都合のよい会場でご参加ください。
日時・場所・申し込み方法等、詳細は以下ウェブページよりご確認ください。

【象牙等取扱事業者向け「改正種の保存法に関する説明会」】
>>説明会のご案内・参加申込みはこちら

2018年01月30日

[お知らせ]

「荷主判断基準調査」への協力依頼(経済産業省エネルギー庁)

資源エネルギー庁より、JADMAを含む関係団体宛に
「荷主判断基準調査」への協力依頼がありました。

協会正会員の担当者様に既に通知しておりますが、各社の省エネに向けた取り組みの実態を把握し、今後の省エネ政策を検討するための資料作成を目的として実施される調査となります。

お手数をお掛けいたしますが、貴社の物流ご担当者様にて、本調査を委託されている野村総研宛に回答をお送り頂きますようお願い申し上げます。
(JADMA正会員対象)

※正会員企業の協会ご担当者様で、本件のご連絡が届いていない方がおりましたら、事務局までご連絡ください。

2018年01月12日

[お知らせ]

日EU・EPAにおけるGIの取扱いに関する説明会(農林水産省)

先般、日EU・EPA交渉が交渉妥結に至りました。そこで農林水産省では、食品関連企業や団体等の関係者に、日EU・EPAの結果を踏まえた今後の地理的表示(GI)の取扱いについて、説明会を開催いたします。
関連のある事業者の方は、ぜひご参加ください。

「日EU・EPAにおけるGIの取扱いに関する説明会」
◆日時:2018年1月25日(木) 10:00~11:30
◆会場:農林水産省本館7階講堂

―農林水産省ホームページ―
>>説明会のご案内・参加申込みはこちら

2018年01月04日

[お知らせ]

仕入れ・OEM検討のための商談展 健康博覧会2018 開催のご案内

健康・美容に関連する商材やOEM企業がおよそ600社集結する年に一度のビジネストレードショーを開催します。
毎年満席が続出するビジネスセミナーも50本併催。仕入れ・OEM検討の場として、ぜひご参加ください。

◆会期:2018年1月31日(水)~2月2日(金) 10:00~17:00
◆会場:東京ビッグサイト 西1,3,4ホール,アトリウム
◆主催:UBMジャパン株式会社

>>事前来場登録(無料)はこちら
>>展示会公式Webサイトはこちら

ページトップ