Japan Direct Marketing Association

公益社団法人 日本通信販売協会 JADMA

行政・関係機関からのお知らせ

行政・関係機関からのお知らせなどをご案内しています。





2016年12月28日

[お知らせ]

植物由来製品による健康被害(疑い)について(厚生労働省)

今般、青黛(せいたい)を摂取した潰瘍性大腸炎患者において、肺動脈性肺高血圧
症が発現した症例が複数存在することが判明しました。
青黛とは、リュウキュウアイ、ホソバタイセイ等の植物から得られるもので、
中国では生薬等として、国内でも染料(藍)や健康食品等として用いられています。
事業者・消費者の皆様はご注意のほどお願いします。
※現段階では、取扱事業者に対して販売自粛等の措置を求めるものではありません。

2016年12月16日

[お知らせ]

食品のインターネット販売における情報提供の在り方懇談会報告書の公表について(消費者庁)

消費者庁では、「食品のインターネット販売における情報提供の在り方懇談会」により議論
を行い、その結果について、「食品のインターネット販売における情報提供の在り方懇談会報告書」のとおり取りまとめられました。
食品のインターネット販売をされている事業者の皆様はご確認のほどお願いいたします。

>>食品のインターネット販売における情報提供の在り方懇談会報告書(消費者庁HP)
>>食品のインターネット販売における情報提供の在り方懇談会報告書 概要(消費者庁HP)

2016年12月15日

[お知らせ]

容器入り及び生成器で作る、飲む「水素水」について(国民生活センター)

国民生活センターにて、水素をうたった水(水素水)についての表示・広告、溶存水素濃度を調査が実施されました。
調査結果では、販売サイトや商品パッケージに、関係法規制に抵触するおそれのある記載があったと報告され、表示の改善が要望されています。
関係事業者の皆様は、公表資料をご確認のほどお願いいたします。
>>詳細(国民生活センターHP)

2016年11月11日

[お知らせ]

12月1日から、洗濯絵表示が変わります(消費者庁)

平成28年12月1日から、衣類等の繊維製品の洗濯表示が新しいJIS L 0001(以下「新JIS」という。)に規定する記号に変更されます(記号の詳細は別紙のとおり。)。 新しい洗濯表示では、ドラム式洗濯乾燥機等による「タンブル乾燥」、色柄物の衣料品等の漂白に適している「酸素系漂白剤」など新しい洗濯記号が追加されたり、適用温度がこれまでよりも細かく設定されたりすることなどにより、洗濯記号の種類が22種類から41種類に増えます。これにより、繊維製品の取扱いに関するよりきめ細かい情報が提供されるようになり、洗濯によって衣類等が縮む又は色落ちするなどの洗濯トラブルの減少が期待できます。

>>詳細(PDF)

2016年09月28日

[お知らせ]

米国のダイエタリーサプリメント「DHZC-2 Tablet」に関する情報提供について(厚生労働省)

厚生労働省より、米ダイエタリーサプリメント「DHZC-2 Tablet」に関する情報提供について、下記の報告がされました。
米国食品医薬品局(FDA)は、Ton Shen Health/Life Rising 社が販売したダイエタリーサプリメント「DHZC-2 Tablet」に高濃度の鉛が含まれており、当該製品の全ロットの自主回収を行うとともに同社の他のダイエタリーサプリメント製品の販売を自粛した旨及び当該製品の摂取を控えるよう注意喚起を行った旨の情報提供を行いました。「DHZC-2 Tablet」は日本への販売食品としての輸入実績は確認されていませんが、管轄の関係事業者及び消費者からの相談等があった場合には、健康被害を未然に防止する目的から情報提供していただくようお願いします。

詳細については、PDFよりご確認下さい。
>>米国のダイエタリーサプリメント「DHZC-2 Tablet」に関する情報提供について

2016年08月31日

[お知らせ]

住宅防火・防災キャンペーンへのご協力のお願い(消防庁)

高齢者を中心とした住宅火災による死者数低減を図るため、今年も9月の「敬老の日」に合わせて住宅用消火器等を高齢者に贈ることを国民に呼びかける住宅防火・防災キャンペーンが実施されます。ぜひご協力下さい。

2016年08月31日

[お知らせ]

賃金の引上げに係る支援策について 第2弾(経済産業省)

経済産業省は、厚生労働省と連携し、最低賃金引上げに向けた環境整備のために、中小企業・小規模事業者向けの支援策について検討してきております。この度、補正予算案が閣議決定され、第2弾として厚生労働省のキャリアアップ助成金についての措置がまとまりましたので、周知致します。

2016年07月08日

[お知らせ]

「機能性表示食品」制度における機能性に関する科学的根拠の検証に関する報告書について(消費者庁)

「機能性表示食品」制度における機能性に関する科学的根拠の検証-届け出られた研究レビューの質に関する検証事業」報告書が消費者庁HPに掲載されました。機能性表示食品を扱う事業者の皆様はご確認ください。
>>機能性表示食品」制度における機能性に関する科学的根拠の検証-届け出られた研究レビューの質に関する検証事業(消費者庁HP)

2016年05月30日

[お知らせ,お役立ち情報]

ID・パスワードの使いまわしによる被害ご注意ください(JCCA)

最近、インターネットサイトへの不正アクセスによって流出したIDとパスワードを用い、同じIDとパスワードで登録されている他のサイトにも不正にログインされる事案が多発しています。 不正にログインされたサイト上に登録していたカード情報を盗み見られ、クレジットカードが第三者に不正に使用されてしまうことがありますのでご注意ください。

>>使い回しは絶対ダメ!<動画>(JCCAホームページ)

2016年02月22日

[お知らせ]

自転車用レインウェアの運転への影響と安全性について(国民生活センター)

雨の日に自転車を使用する2000人に対してアンケートを行ったところ、レインウェアを使用していて危険を感じた人が418人、実際に怪我をした人が60人おり、その原因は駆動部への巻き込みや周りが見えないことであることがわかりました。

>>詳細(国民生活センターHP)

2016年01月04日

[お知らせ]

国外にある又は所在地を明らかにしていない健康食品販売サイトにご注意下さい!

厚生労働省によると、インターネット上で広告され販売されていたいわゆる健康食品及び危険ドラッグを購入し、国立医薬品食品衛生研究所で分析を行った結果、購入したいわゆる健康食品81製品中、49製品から医薬品成分が検出され、危険ドラッグ52製品すべてから指定薬物又は麻薬が検出されたとのことです。

医薬品成分等が検出された製品の販売サイトに対しては、その所在地が国外にある又は所在地を明らかにしていないため、警告メールの送信や、対応するレジストラへの削除要請などを行い、製品の販売及び広告が中止されるよう、指導・取締りが行われています。

医薬品成分等が検出された製品は、当該医薬品成分等に起因する頭痛、動悸、胸痛、ほてりなどの健康被害を起こす可能性があるので、個人輸入しないよう注意してください。

ページトップ